20代から始める毎月1万円お金を効率よく確実に貯める方法

20代から始める毎月1万円お金を効率よく確実に貯める方法
毎月1万円、お金を確実に貯める方法

新しいものを買ったり、投資やビジネスを始めたり、語学学校に通ったりと、日常的な活動以外で、ある程度まとまった金額が必要な時、貯金がきちんと出来ていれば、余裕を持って工面することができる。

逆に貯金が出来ていなければ、やりたいことを我慢するか、誰かにお金を借りて工面する必要がある。しかし貯金が出来ない人に、お金を貸してくれるのは、金利の高いサラ金ぐらいだ。

この記事では、突然の出費に対応できるように、毎月1万円づつ、確実に貯金を増やす方法を紹介する。

お金が貯まらない人の3つの特徴

具体的な貯金のテクニックを見る前に、そもそも「なぜお金が貯まらないのか?」を見てみよう。お金が溜まっていかない原因を知り対策できれば、お金は自動的に貯まっていく。

収支管理が出来ていない

収支の管理が出来ていない

貯金が増えない人の特徴として顕著なのが、自分にはいくらの収入があり、いくらの出費があるかを知らないと言うこと。

感覚では分かっているものの、家計簿を付けていないことがほとんどで、どんぶり勘定になっているケースが多い。

考えてみれば当たり前のことだが、出費が収入を上回っていれば、お金は絶対にたまらない。むしろ収入がマイナスであれば、借金をする必要がある。

目的・目標が無い

目的・目標が無い

何の為に貯金をするのか、目的がはっきりしていないのも、お金が貯まらない原因の一つだ。人は目的意識を持たないだけで、誰でもできることでも怠りやすい。

また、貯金する額を明確にした目標が無いと、「今月は貯金しなくても良い」と自分勝手な理由で貯金をしない事につながる。

給料全額を引き出す

全額を引き出す

収支管理ができていなくても、貯金をする目的・目標がなくても、お金は使わなければ貯まるが、貯金が増えない人の特徴の一つとして、給料日になると全額を引き出して使ってしまうことが挙げられる。

給料日になると全額を引き出し、遊び歩いた後、家の支払いを済ませると言った状態。これでは絶対に貯金は増え無い。

お金を貯めるための3つのアドバイス

お金が貯まらない人の特徴を知った上で、どうすれば貯金を増やせるのか、3つのアドバイスを見てみよう。あくまでも参考として読み進めて欲しい。

家計簿をつける

家計簿をつける

貯金をするしないは別にして、家計簿はお金の動きを把握するのに優れた道具だ。特にどれだけ収入があり、どれだけ支出があるかを目で確認できるので、何にお金を使ったか、無駄な出費が無いかを、過去を遡って把握できる。

収支の動きが把握できて初めて、お金が貯まらない原因となっている出費を見つける事ができる。原因が見つかって初めて対策ができる。

目標・目的を設定する

目的・目標を設定する

貯金をするのに、ただお金を貯めているだけでは長続きしない。途中で気持ちがブレやすく、自分に甘くなってしまうのも、貯金をする目的・目標を持っていない事が原因の一つだ。

貯金をするには、具体的な目的・目標を設定するのをおすすめする。例えばいつまでにいくら貯めるのかを決め、逆算して毎月の貯金額を設定したり、来年の旅行の予算がいくらだから、間に合うように毎月の貯金額を設定する、と言った感じだ。

使う前に貯金する

使う前に貯金する

お金を効率よく貯めるには、収入があった時、まず最初に貯金分は分けておくのが鉄則で、お金を引き出す前に別口座に振り込むのが安心だ。家計のやりくりに使っているのと同じ口座を使うと、管理がめんどうなうえ、いつでも引き出せる状態なので、出費が増えれば使ってしまう。

他にも、毎日小銭を貯金箱に貯める500円玉貯金や、月末にまとめて別口座に振り込む方法もある。貯金の方法は何通りもあるが、自分にあったベストな方法を選んでみてはいかがだろうか。

最後に

ここまで、お金が貯まらない人の特徴と、お金を効率よく貯めるコツを解説してきた。貯金は早く始めるに越したことはない。早く始めれば、時間の経過と共にまとまった金額が確実に貯まり、投資など次のステップに進む事ができる。

逆に貯金がなければ、いざまとまった金額が必要でも、我慢するか他から借りて工面するしかない。貯金は必要ないと思っていても、少額でも良いので貯金することをお勧めする。

家計カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。