つまった排水口を、コカコーラ1リットルで直した掃除方法

つまった排水口を、コカコーラ1リットルで直した掃除方法
排水口が詰まって水が流れなくなった洗面台ボール

トイレの洗面台ボールや、キッチンのシンクの排水口が、ゴミや汚れでつまり、水が流れずに溜まる。誰でも一度は経験したことがあるはずだ。

こんな時、通常は特殊な液体クリーナー(パイプユニッシュなど)や、ラバーカップ(通称スッポン)を使うか、清掃業者にお願いしてつまりを直すが基本だ。

しかし液体クリーナーやラバーカップは、どの家でも持っているわけではない。特に一人暮らしの狭いアパートでは、持っているのが珍しいくらいだ。

そして今すぐ直したくても、それが真夜中だったら、液体クリーナーやラバーカップを売っているお店は営業時間外だし、これらを扱っているコンビニを見つけるのは至難の技だ。

そこで今回は、コンビニでも自動販売機でも24時間手に入る、コカコーラを使って、つまった排水口を直す方法を解説する。

解説する方法は、私が実際に試し、動画に収めたので、記事下の動画も参考にしてほしい。

注意:この記事で紹介している方法は、全ての排水口に対して有効ではない。つまりがひどい場合は、他の方法を試してほしい。

排水口はなぜつまるのか?

排水口がつまる原因は、場所や環境によって異なるが、大きくは次の2つに分類できる。

ゴミが流れてつまる

キッチンのシンク、お風呂やトイレの洗面台の排水口は、一般的には網状のフィルターが付いていて、ゴミが流れないようになっているが、フィルターを通過する小さなゴミも存在する。

キッチンであれば、野菜の切りカスやごはん粒、洗面台であれば、髪の毛や剃って落ちたひげなどだ。

汚れが蓄積してつまる

直接ゴミがつまるだけではなく、汚れも蓄積すれば、排水口がつまる原因になる。

キッチンであれば、油汚れや野菜を洗った時の土汚れ、洗面台であれば手垢汚れや石鹸カス汚れなどである。

これらの汚れが、時間をかけて排水管の内側に蓄積し、排水口をつまらせる。

洗面台の汚れについては、別記事「洗面台を酢と重曹でピカピカにする超簡単な掃除方法」でも解説しているので、こちらも参考にしてほしい。

コカコーラで排水口のつまりを解消

この章では、前章で解説した、排水口のつまりを液体クリーナーやラバーカップを使わずに、どこでも売っているコカコーラを使って直す、具体的な方法を解説していく。

コカコーラを1リットル流し込む

排水口のつまったキッチンのシンクや、洗面台のボールに、コカコーラを1リットルほど流し入れる。

水が残っていても問題ない。

排水口がつまったシンクや洗面台にコカコーラを1リットル流し込む

20分間放置する

コカコーラを流し込んだら、20分ほど放置する。

時間が経つにつれて、排水口から気泡が出てくる。コカコーラが流れ始めているのが分かる。

コカコーラの水位が徐々に下がり、排水口から気泡が発生する

排水口に水圧をかける(オプション)

20分が経過しても、コカコーラが全て流れない場合は、小さいボトル容器などで、排水口に水圧をかけて補助する。(詳しくは動画を参照)

小さいプラスティック容器で排水口に圧をかける

まとめ

ここまで、つまった排水口を、コカコーラを使って直す方法を解説してきた。

インターネット上では、この方法が様々な動画で解説されているので、実際に私も試してみたが、確かにつまりが直った。

しかし、なぜコカコーラが有効で、どのような働きがあるのかは分からない。

1つ言えるのは、特殊な液体クリーナーや、ラバーカップをわざわざ買ってくるなら、どこでも売っているコカコーラを使って、排水口の詰まりを直せるなら、これほど楽なことはない。

私は計2ヶ所の洗面台で試したが、どちらも効果があった。その時の様子は下記のビデオに収めたので、ぜひ参考にしてほしい。

掃除カテゴリの最新記事